性器ヘルペスは完治しない!?

性器ヘルペスの感染経路

ヘルペスはヘルペスウイルスに感染することで発症します。男性の場合はペニスの先端や陰茎、お尻など、女性の場合は外陰部、膣の入り口、肛門などに赤い発疹や水ぶくれができ、強い痛みや痒みを伴います。特に女性の場合は子宮頚部にも症状が現れることもあり、厄介な病気といえます。
性器ヘルペスの基本的な感染経路は、ウイルス保有者との性行為によります。ウイルス保有者であっても症状に気が付いていない人も多いので、知らない間にパートナーに移しているケースも少なくないのです。またウイルスは唾液にも含まれており、オーラルセックスによっても性器ヘルペスに感染する可能性があります。特にウイルス保有者に水ぶくれや発疹など実際の症状が現れている時期は、ウイルスの力も強いため、感染力が強くなっているので注意が必要です。
さらに性器ヘルペスは性行為以外にも感染経路があります。ウイルスが付着しているところに触れるだけで感染する可能性もありますので、日常生活の中にも感染リスクは存在するのです。たとえば風呂やトイレなど、性器を露出する機会の多い場所では感染が広がる可能性が高まります。ウイルス保有者が座った便座やバスルームの椅子などにはウイルスが付着している場合があるほか、体をふくバスタオルなどにもウイルスが存在している可能性があるのです。したがってまるで心当たりのない人でも、公衆浴場や公衆トイレなどが感染経路となって、性器ヘルペスに罹患するリスクは捨てきれません。
現時点では性器ヘルペスを完治させることはできません。ですから感染のリスクは可能な限り低下させておく必要があります。不特定多数の人と性行為に及ぶのはもちろん、人が使ったタオルを使用するなどの行為も避けたほうがいいでしょう。

バルトレックスで様々な感染症を治す
■この薬で再発を防ごう
性器ヘルペスにはゾビラックス
■早めに自分で直しましょう!
カンジダに効く飲み薬・塗り薬